おとなつラボ――大人の夏休みの自由研究室

Author:おとなつハカセ   発達障害(ADHD寄り)でACで元ニート・ひきこもり。博士号はもってません。

カテゴリ:人間関係


スポンサードリンク


以下、私見。とくに医学的な根拠があるわけではないので、注意されたし。「一人で過ごす時間」と「他人と関わる時間」の長さから、ある程度その人の性格が読めるような気がする。<一人を好む人>社会不適合・問題人物、あるいはオタク。消極型はひきこもり、精神疾患、自傷 ...

お世辞は、分別のある人には、まず通用しないものだ。 お世辞というものは、浅薄で、利己的で、誠意のかけらもない。 それが通用しなくてあたりまえだし、また、事実、通用しない。 もっとも、餓死寸前の人間が草でも虫でも手あたりしだいに食べるように、何もかも鵜の ...

人間関係における「空気」という名のモンスターに翻弄され続けて四半世紀。 ようやくその正体を説明できそうな仮説を見つけたので、ここにメモしておく。 仮説1:空気とは、「とにかく全部同じにしとけばいい」という同調圧力のことである *1 女の子が集団内で常に細か ...

 時と場合に応じてお好みのものをお使いください。 <目次> ※クリックすると飛びます 1.その場を去る 2.「傷ついた」「へこんだ」と言う 3.「やめてください」と言う 4.反撃する 5.挑発する 6.スルーする、無反応 7.いったん相手の言うことを認める 8. ...

世の中には「他人を手助けするのが三度の飯より好き」という奇特な人がいます。俗にいう「お節介ばあさん」みたいな人たちです。彼らは人なつこく、他人のための助力や気遣いを惜しまず、一見すると、非常に魅力的ですばらしい人物に見えます。しかし、いつも周りの人の役に ...

↑このページのトップヘ