<用途別目次>
 ※クリックすると飛びます
メイン
副菜
デザート、おやつ









<メイン>

牛肉のトマト風味炒め

老若男女が好みそうなケチャップ味の炒めものです。
玉ねぎとピーマンは形を揃えて色紙切りにします。

<材料(2人分)>
牛肩ロース薄切り肉‥80g
玉ねぎ‥40g
ピーマン‥2個
サラダ油‥大さじ1

【A】 酒‥小さじ2
   塩‥小さじ1/3
   こしょう‥少々

トマトケチャップ‥大さじ2

  1. 牛肉は4等分に切る。玉ねぎ、ピーマンは1cm角に切る。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を入れて炒める。牛肉がほぐれたら、玉ねぎ、ピーマン、Aを加えて炒め、最後にトマトケチャップを加えて炒め、味を調える。
 
谷部金次郎『天皇陛下料理番の和のレシピ』(幻冬舎 、2015年) 49頁
管理人のひとこと:豚の薄切り肉で作ってもおいしいです。


肉豆腐 ……

材料(2人分)
絹豆腐 200g
豚薄切り肉 100g
しらたき 100g
長ねぎ 1本

【A】だし 300cc
   濃口しょうゆ 大さじ3
   砂糖 小さじ2
   みりん 小さじ1
   酒 小さじ1


  1. 豆腐は一口大に切る。豚肉、しらたきは食べやすい大きさに切る。長ねぎは斜め薄切りにする。
  2. 鍋にA、豚肉を入れて中火にかける。アクを取り、長ねぎ、しらたきを加える。煮汁が半分ほどに煮詰まったら、豆腐を加えて弱火にし、2~3分煮る。


谷部金次郎『天皇陛下料理番の和のレシピ』(幻冬舎 、2015年) 43頁
管理人のひとこと:しらたきがなかったのでゴボウとしめじを加えて作りました。濃い味のタレと淡泊な豆腐の相性がバツグンです。



こぶ茶と日本酒の澄まし汁  (※筆者注 ナベ料理です。)

<Point!>
日本酒の風味を引き立てるよう、少量のこぶ茶でうま味を出すのがポイント。
上品で味わい深い鍋スープなので、クセがなくてダシがよく出る豚肉か鶏肉はあるとベター。


【材料】
こぶ茶……大さじ1
日本酒……50ml

【作り方】
鍋に水950ml、こぶ茶、日本酒を入れてひと煮立ちさせる。


<おすすめ具材>
  • ほうれん草
  • 豚薄切り肉
  • 細ねぎ
  • えのき

<シメはそば!>
具材の味が溶け出した絶品ダシで食べる日本そばはなんとも贅沢な味わい。
お好みですだちを搾ったり、七味唐辛子をふってどうぞ。


『女性自身』12月13日号(光文社 、2016年) 31頁
管理人のひとこと:ご飯なしで最後までいけちゃうあっさり風味のお鍋。シメのそばが異様にうまい。







豚薄切りロースの梅しそ揚げ

……巻くと厚みが出るので火の通りが心配ですが、薄切り肉なら、表面がきつね色になるくらいがちょうどいい具合に火が入ります。


材料(2人分)
豚ロース薄切り肉…6枚
青じそ…6枚
梅干し…2個

《衣》
薄力粉…50g
水…70cc(薄力粉の約1.5倍)

揚げ油…適量


  1. 梅干しは種を除き、包丁でたたく。
  2. 豚肉を広げ、青じそ、[1]をのせ、3つに折る。
  3. ボウルに衣の材料を入れ、泡立て器でざっと混ぜる。
  4. [2]を[3]にくぐらせ、170度の揚げ油できつね色になるまで揚げる。斜めに半分に切り、器に盛る。

谷部金次郎『天皇陛下料理番の和のレシピ』(幻冬舎 、2015年) 54頁
管理人のひとこと:梅干しの塩分濃度の違いか、ちょっとしょっぱく感じました。梅干し抜きで作ってもおいしそうです。



揚げじゃがいもの更紗あんかけ

……今回は、たけのこ、にんじん、しいたけ、絹さやの4色を使用。とろみをつけて、彩り野菜をじゃがいもに纏わせます。


材料(2人分)
じゃがいも…中3個
揚げ油…適量
塩…適量
たけのこ(水煮)…20g
にんじん…10g
干ししいたけ(もどす)…2枚
絹さや…10g

【A】だし…200cc
   みりん…小さじ2
   淡口しょうゆ…大さじ1と2/3
   砂糖…小さじ1

水溶き片栗粉…適量


  1. じゃがいもは8等分に切り、3分ほどゆでて水気をきる。170度の揚げ油できつね色になるまで素揚げし、軽く塩をふる。
  2. 野菜は全てせん切りにし、湯通しする。絹さやは別にゆでる。
  3. 鍋にA、絹さや以外の野菜を入れて中火にかける。野菜に火が通ったら。水溶き片栗粉でとろみをつける。
  4. 器に[1]を盛り、[3]をかけ、せん切りにした絹さやを飾る。

谷部金次郎『天皇陛下料理番の和のレシピ』(幻冬舎 、2015年) 12頁
管理人のひとこと:あんがいい味で、肉を使わないのに満足感があります。じゃがいもはレンジでゆでれば楽ちん。細く切るので野菜の湯通しは省いても平気。野菜はにんじんさえ入れておけば、生しいたけ・インゲン・もやし・えのきなど、あるものを2~3種類使えばそれなりに恰好がつく。



塩にくじゃが

材料(3~4人分)
・じゃがいも 3コ
・にんじん 1本
・玉ねぎ 1コ
・豚バラ薄切り 200~300g

・サラダ油 小さじ2
・水 カップ1
・塩 小さじ1
・みりん 大さじ2
・しょうゆ 小さじ1

・刻みネギ 適量
・あらびきこしょう 適量


  1. じゃがいもは皮をむいて4~6等分に切り、にんじんは乱切りにしてレンジでゆでる。玉ねぎは1センチ幅にくし切り。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、肉と玉ねぎを炒め、レンジで加熱したにんじんとじゃがいもを加える。肉の色が変わり、玉ねぎがしんなりしてきたらフライパンに水、塩、みりん、しょうゆを加え、ひと煮立ちさせて5分おく。
  3. 器に盛り、刻みネギとあらびきコショウをふる。

オレンジページ掲載のレシピを自己流にアレンジしたもの
管理人のひとこと:炒め物と肉じゃがの中間のような、さっぱりした味の料理です。甘辛い肉じゃがに飽きたときや夏の暑いときにどうぞ。



揚げ出し……

材料(2人分・1人163KCal)
木綿豆腐 1丁
こぶだし 1カップ
薄口しょう油 小さじ2
片栗粉 小さじ1(同量の水で溶く)
揚げ油 適量
三つ葉(飾り用) 2枚


つくり方
  1. 豆腐はよく水切りし、6等分に切って片栗粉(分量外)をまぶす。
  2. 鍋に油を中温に熱し、表面がきつね色になるまで揚げる。
  3. こぶだし、薄口しょう油を火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつけてあんをつくる。
  4. 器にあんを入れ、豆腐を盛ってできあがり。


お塩を添えてさっぱりと
寒い季節には、とろみのついただしでいただくと体も温まる。
でも、塩だけをつけて食べると、さくっとした衣も楽しめます。


松原真紗子『お寺の奥さんがつくるおかず 春夏秋冬、くりかえし食べたくなる禅の旬菜』(大和書房、2009年) 69頁
管理人のひとこと:上品でやさしい味。昆布がなかったので味の素とほんだしをブレンドして使いました。








<副菜>


おかかマヨあえ……
エネルギー 30kcal 塩分 0.5g

材料(1人分)
ピーマン……2個


削り節……3つまみ
マヨネーズ……小さじ1/2
しょうゆ……小さじ1/2

1.ピーマンは縦半分に切ってラップで包み、電子レンジで1分加熱する。
2.あら熱がとれたら乱切りにしてボウルに入れ、Aを加えてあえる。


岩崎啓子『これならラクラク シニアの簡単おいしい1人分ごはん』(主婦の友社、2014年) 36頁




じゃがいものチーズあえ

材料(1人分)
・じゃがいも 1コ
・粉チーズ 小さじ1
・塩 少々
・コショウ 少々


  1. じゃがいもは皮むきして8等分に切り、レンジでゆでる。
  2. 粉チーズと塩、コショウをまぶして混ぜる。

雑誌のふろくに掲載されていたレシピをアレンジしたもの
管理人のひとこと:もとがお弁当用のレシピなので、冷めてもおいしくいただけます。



<デザート・おやつ>

砂糖ゆず

柚子は、食べても美味しゅうございます。
上部を輪切りにしてお砂糖を多目に入れ、底が破れないように気をつけながらお菜箸で静かにかきまぜます。柚子の実と袋と種子が少しずつ離れますのを丹念に取りながらなおかきまぜますと、潰れた実とお砂糖だけのしっとりとした砂糖柚ができます。でき上がりますまで根気がいりますが、少しずつ口に入れますと誠に珍味でございます。

これは貞明皇后様が、大変お好きさんであらせられました。冬至になると御膳係がおこしらえ申し上げて貞明皇后様も供御されましたことを、今大路内掌典から教えていただきました。


高谷朝子『宮中賢所物語』(ビジネス社、2006年) 152頁
管理人のひとこと:ベタベタするので、盛りつける皿の上で作ってしまうと楽です。