<前日編>

*地図の用意と経路・電車やバスの確認

●地図はGoogle マップなどで入手し、印刷するか保存しておく。
 交差点名やお店など、「どこで曲がるか」分かるまで拡大し、必要なら数枚用意する。
 方向音痴の人はカーナビや携帯の道案内サービスを積極的に利用する。
 行き先が公共施設などの場合、施設案内・構内図などをゲットしておくと便利。

●電車の場合は、ジョルダン 乗換案内・時刻表・運行情報サービスなどで時刻を調べる。
 日時は必ず「当日の」「到着時刻-30分~1時間」で調べる。
 ※土日でダイヤが異なる可能性があるため。ADHD者は目的地に30分~1時間ほど早めに到着するつもりで行動して、初めて「時間どおり」に行動できるため。

●電車を利用する場合は「何番出口」「何線の何行き(方向)」も調べておく。
 バスを利用する場合は「1時間に何本、便があるか」「目的地方向のバス停がどこにあるか」もきちんと調べておくこと(バス停はA方向行きとB方向行きのものが少し離れて設置されている場合も多い)。地図上ではどっちがどっちか分からない場合、近くにあるバス停2~3箇所、もしくは近くにあるコンビニの位置を押さえておくこと。
 車を運転する場合は駐車場の場所・駐車場からのルートと徒歩で何分かも調べておくこと。

●さらに用心したい場合、目的地付近で営業しているタクシーの電話番号を手帳に書くか、財布に忍ばせておく。




*明日の天気の確認
●テレビの天気予報、気象庁 | 天気予報などで当日の天気をチェックし、必要なら雨具を用意する。
 移動距離が長い場合は、出発地と目的地の両方の天気を調べておくこと。




*着替えの準備
●居間や自室、着替え置き場などに、明日身につけるものをセットにして置いておく。
 セット内容は以下の通り。
  • 下着
  • くつ下
  • トップス
  • ボトム
  • かばん
  • (雨具、はおりもの、マフラー、手袋、マスク、眼鏡・コンタクト)
  • ハンカチ
●どの靴を履いていくかも決めておくこと。



*出発時刻を紙に書く
●   6時 起床
    7時 家を出る
  7時12分 ○○駅発

 のように、朝の予定を大きくメモやふせんに書いて、
テーブルの上に置くか、目立つ場所に貼る。 
 起床~家を出るまでの時間、家を出る~電車に乗るまでの時間は少し多めに見積もっておく。
 車で出かける場合は、渋滞を考慮して余裕を持った時刻に設定すること。



*アラームをセットする
 朝きちんと起きられるよう、寝室にアラームをセットする。
 確実に鳴るよう、電池切れのチェックもしておく。



*寝る時間をきめておき、その時間になったら何が何でも布団に入る
 設定した起床時間から睡眠時間を引いて、何時までに就寝する必要があるか把握する。
 その時間になっても何かしていたら即座に中断し、続きは当日の帰宅後にすると決める。


<当日編> 
~~編集中~~

チェックリスト ←pdfで作成して配布するといいかも